アカシア姫のチョボラ日記


one for all, all for oneの気持ちでちょっとしたボランティアをしています。そんな日々を綴るブログです。
by akashiahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
くてくてさんへ くじら..
by akashiahime at 19:54
くじら餅、初めて知りまし..
by くてくて at 12:25
くてくてさんへ 毎日う..
by akashiahime at 21:11
>今年からは海の家もあり..
by くてくて at 16:57
花咲か爺さんへ 内灘海..
by akashiahime at 09:57
毎日暑いですね! 最近..
by 花咲か爺 at 06:39
花咲か爺さんへ 毎日暑..
by akashiahime at 23:22
小鯵は南蛮漬けにすると美..
by 花咲か爺 at 16:26
くてくてさんへ ね..
by akashiahime at 21:20
ふわふわっとした色と雰囲..
by くてくて at 20:04
最新のトラックバック
春は足踏み
from くてくてのフォト日和
座喜味城跡
from 沖縄観光データバンク
ヤマボウシの実
from 今日の花
江戸城の面影
from くてくてのフォト日和
屋形船(東京、横浜、花火..
from 屋形船(東京、横浜、花火、隅..
魅惑の彼岸花
from くてくてのフォト日和
すだちれもんとすだち君
from すだち すだちとわたしのイイ関係
行きたかったパティシエの..
from HORIKENの今日のたわごと
『角偉三郎美術館』 - ..
from 輪島塗の風景
犬の洋服屋さん★最新ペッ..
from 犬の洋服屋さん★最新ペットフ..
お気に入りブログ
インフォメーション
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

映画-六ヶ所村ラプソディー

昨日映画を見ました。
「六ヶ所村ラプソディー」です。
青森県六ヶ所村に核燃料再処理工場があります。
その六ヶ所村に住む人々のそれぞれの生活には
核燃料再処理工場がいやおうなく深く関わっています。
農家で米や野菜を作っている人、工場で働く人、
六ヶ所村で暮らす人々の生活を通して、未来はどうなるのだろう?
地球はどうなるのだろう?
いま、私には何ができるの?と考えさせられました。
これまで
自分自身の暮らしとは遠く離れていて、新聞、テレビなどニュースで
報道されても真剣に知ろうとしていなかったことが恥ずかしくなりました。

監督の鎌仲ひとみさんは「ラプソディー」と映画のタイトルにあるように、
登場するそれぞれの人たちを静かに取材し、確かな目で映画を
撮影されたと感じました。
自然豊かな村の風景に津軽三味線が「これでいいのか!」というように、、、

多くの人に見てもらいたいと強く思いました。
金沢のシネモンドで上映中です。先日、鎌仲監督も来沢しトークがあったそうです。

電話で「六ヶ所村ラプソディー」を勧めてくださった知人に感謝!
[PR]

by akashiahime | 2006-09-23 18:50 | 日記 | Comments(2)
Commented by hahahaのhaha at 2006-09-25 01:35 x
わたしも見てきました。
鎌仲ひとみさんは「ヒバクシャ」という映画も撮られていて、視点をしっかりと持った方。彼女にしてみたら、もっともっと「危ないよ、反対だよ」と主張したかったでしょうが、抑えた表現がよけい切ない感じがしました。
「中立と言うのは言葉としてはキレイだけれど、黙って再処理工場を認めているんだ、ということに気が付いた」と言って、頑張っている女性は、鎌仲さんの代弁者だと思いました。
「知ってしまった」わたしたちは「知らせていかなければいけないのでは・・」とも思います。
三味線は、富山出身の新鋭と聞きました。
Commented by akashiahime at 2006-09-25 23:15
hahahaのhahaさんへ
声を荒げて主張するより、静かな眼、確かな心は
見る人に多くを語りますね!「ヒバクシャ」見てみます!
<< レイチェル・カーソンの森と海 お熊甲祭ー名残惜しんでもう一回! >>