アカシア姫のチョボラ日記


one for all, all for oneの気持ちでちょっとしたボランティアをしています。そんな日々を綴るブログです。
by akashiahime
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
くてくてさんへ ね..
by akashiahime at 21:20
ふわふわっとした色と雰囲..
by くてくて at 20:04
くてくてさんへ ようや..
by akashiahime at 22:32
花坂爺さんへ 梅雨入り..
by akashiahime at 22:29
梅雨入りですね。 遅か..
by くてくて at 21:38
遅い梅雨入りですね。 ..
by 花咲か爺 at 08:10
花咲か爺さんへ 甘酒、..
by akashiahime at 21:29
老舗の本格的な麹ですね。..
by 花咲か爺 at 09:24
くてくてさんへ 歩いて..
by akashiahime at 21:58
珍しいですねぇ。初めてみ..
by くてくて at 23:30
最新のトラックバック
春は足踏み
from くてくてのフォト日和
座喜味城跡
from 沖縄観光データバンク
ヤマボウシの実
from 今日の花
江戸城の面影
from くてくてのフォト日和
屋形船(東京、横浜、花火..
from 屋形船(東京、横浜、花火、隅..
魅惑の彼岸花
from くてくてのフォト日和
すだちれもんとすだち君
from すだち すだちとわたしのイイ関係
行きたかったパティシエの..
from HORIKENの今日のたわごと
『角偉三郎美術館』 - ..
from 輪島塗の風景
犬の洋服屋さん★最新ペッ..
from 犬の洋服屋さん★最新ペットフ..
お気に入りブログ
インフォメーション
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

囲炉裏ばたで

自在鉤の下
f0062159_20222878.jpg

お経の前にご老師自らお茶を入れてくださり、
「昔から地域の多くの人々のうえに我らが在る」とのお話を伺いました

場所を変えて
f0062159_20285595.jpg

今日も椿が
f0062159_20295140.jpg

迎えてくれ

思い出話に花が咲きました!


おまけ

f0062159_20321528.jpg

[PR]

by akashiahime | 2007-03-03 20:32 | 日記 | Comments(8)
Commented by gonkappa at 2007-03-04 00:41
こんばんは
囲炉裏ってすごくのんびりした雰囲気になれる魔法のスペースですね。ところで後ろは能登半島でしょうか?
Commented by くてくて at 2007-03-04 22:04 x
椿は一輪の姿が似合いますね。
一番下の花はなにかな。。。
Commented by ツマ at 2007-03-04 22:56 x
うわぁ、囲炉裏ですね。自在鉤がいい色になっていますね。でも私は自在鉤の扱い方を全く知らない…
椿は、普通に外で咲いていても当たり前のように何も感じないのに、こうしていけられると雰囲気がとても変わる花ですね。
Commented by easykyoto at 2007-03-04 23:45
こんばんは(^^)
囲炉裏端でするお話しは、なぜか素直に聞けるんですよねぇ(^^)
おまけ、奇麗です(^^)
Commented by akashiahime at 2007-03-04 23:58
gonkappaさんへ
こんばんは、
老師お手づからのおいしいお茶をいただきながら、
良いひとときでした。
そうです、後ろは能登半島です。
Commented by akashiahime at 2007-03-05 00:01
くてくてさんへ
雪割り草です。能登の門前の方に
たくさん咲いているそうです。
これは山野草の展示場で見つけました!
Commented by akashiahime at 2007-03-05 00:06
ツマさんへ
お元気ですか?自在鉤の使い方私もわからないのですが
自在鉤のしたには鯰のような大きな木の魚がかかっていて、
その下に大きな鉄の釜でした。
椿は椿庵「多田屋」のロビーでした。
Commented by akashiahime at 2007-03-05 00:10
easykyotoさんへ
本当に囲炉裏端のお話は心にすーっと入ってきました。
きれいに掃き清められた囲炉裏の灰を見て、毎日の
暮らしぶりの大切さを知り、反省することしきりでした。
<< 笑い! 咲きました! >>