アカシア姫のチョボラ日記


one for all, all for oneの気持ちでちょっとしたボランティアをしています。そんな日々を綴るブログです。
by akashiahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
くてくてさんへ くじら..
by akashiahime at 19:54
くじら餅、初めて知りまし..
by くてくて at 12:25
くてくてさんへ 毎日う..
by akashiahime at 21:11
>今年からは海の家もあり..
by くてくて at 16:57
花咲か爺さんへ 内灘海..
by akashiahime at 09:57
毎日暑いですね! 最近..
by 花咲か爺 at 06:39
花咲か爺さんへ 毎日暑..
by akashiahime at 23:22
小鯵は南蛮漬けにすると美..
by 花咲か爺 at 16:26
くてくてさんへ ね..
by akashiahime at 21:20
ふわふわっとした色と雰囲..
by くてくて at 20:04
最新のトラックバック
春は足踏み
from くてくてのフォト日和
座喜味城跡
from 沖縄観光データバンク
ヤマボウシの実
from 今日の花
江戸城の面影
from くてくてのフォト日和
屋形船(東京、横浜、花火..
from 屋形船(東京、横浜、花火、隅..
魅惑の彼岸花
from くてくてのフォト日和
すだちれもんとすだち君
from すだち すだちとわたしのイイ関係
行きたかったパティシエの..
from HORIKENの今日のたわごと
『角偉三郎美術館』 - ..
from 輪島塗の風景
犬の洋服屋さん★最新ペッ..
from 犬の洋服屋さん★最新ペットフ..
お気に入りブログ
インフォメーション
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

かわいいアップリケ

「ほほほほん」というネーミングで
幼い子供を持つ保護者に本が配られます!
f0062159_23122729.jpg

f0062159_23135672.jpg

f0062159_23142155.jpg

本を入れるバッグにはかわいい刺繍やアップリケを!

本を渡すときにはお話の会の人たちが読み聞かせを!

心優しい人々が一手間かけて!

わが町独自のブックスタート

[PR]

by akashiahime | 2007-11-14 23:19 | 日記 | Comments(10)
Commented by くてくて at 2007-11-15 16:45 x
かわいい心遣いですね。
一人でも多く本を好きになる子供たちが増えるといいですね!
Commented by ボラ待ち櫓 at 2007-11-15 20:24 x
この水道の蛇口の描いてある絵本はすごい本だと思います。私の孫で今一歳半になる女の子に、その子が六ヶ月になるかならないかの頃にこの本をプレゼントしたら娘が毎日読んでやったといいます。やがて、その本の中にある赤ちゃんの出てくるページが大好きになり、そのページになると大喜びするようになったと言うのです。それからハイハイができるようになったら絵本の本箱のところに行ってその本をつかんで親のところに持ってきて読んで欲しいとの意思表示をしたと言います。それを聞いて、この絵本は本当に優れた絵本なんだなあと感心していました。写真でこの本がブックスタートに使われていると始めて知りました。さすが、内灘町はよい本を選んでありますね。
Commented by ツマ at 2007-11-15 23:02 x
これは素晴らしい心遣い、素晴らしいサービス?ですね。
一人でも多くの子ども達が本を好きになってくれて、
そして、そのご家族も、本を読む時間を持てるようになるといいなぁ。
Commented by akashiahime at 2007-11-15 23:03
くてくてさんへ
そうですね。幼い頃、母が読んでくれた本や、歌ってくれた歌は
今でも心に残っていますから。
Commented by akashiahime at 2007-11-15 23:08
ボラ待ち櫓さんへ
そうですか!ではこの本を今度孫のところに持って行きます。
お母さんの声を毎日聞いて絵本が大好きになるのかもしれませんね。3ヶ月でも読んであげると良いのでしょうか?
内灘町の子育て支援センターはスタッフもセンターの施設も素晴らしいですね!
Commented by akashiahime at 2007-11-15 23:13
ツマさんへ
この「ほほほほん」は子育て支援センターでプレゼントされるのですが、ただ単に本をプレゼントするのではなく、読み聞かせのボランティアの人たちが保護者の方とお話して渡しているようです!
良い本を丁寧に渡してくれる「ほほほほん」は子育てをする親にとってうれしいことですね。
Commented by ボラ待ち櫓 at 2007-11-16 20:47 x
豊岡市でしたか?コウノトリを人工孵化させて育てたところは。かつてあそこで孵化の担当をしていた人の話を何かで読んだことがあります。卵の時から「元気に生まれるんだよ」などといつも優しく声をかけていたその卵から雛が生まれたそうです。ところが生まれて何日かしたら急に餌を食べなくなってどんどん衰弱してきて、みんな右往左往して色々と手を尽くしたけどそれでも餌を食べずに雛は弱っていったそうです。ところが卵に向かっていつも優しく声をかけていた飼育係の人が、その弱った雛に優しく「餌を食べるのだよ、元気になるのだよ」と声を掛けたらその雛はみるみる元気になって餌を食べ始めて元気に育ったと言います。お母さんが優しい声で赤ちゃんに絵本を読んであげるのは、そのコウノトリを甦らせたほどの力があるのかも知れませんね。赤ちゃんが3ヶ月であろうと2ヶ月であろうと。
Commented by akashiahime at 2007-11-16 21:44
ボラ待ち櫓さんへ
コメントありがとうございます。母親のやさしい愛情あることば、声がいかにおさなごに大切かということがよくわかりますね。
娘にしっかり伝えます。ありがとうございました♪
Commented by haha at 2007-11-16 23:40 x
お久しぶりです。いつもお訪ねしてますよ♪
絵本の選択にも、それを入れる袋にも、愛情があふれていて本当にうれしいです。ボラ待ちさんのおっしゃるように育ての親の優しさですね。産んだだけではだめだと子育てを反省してます。
Commented by akashiahime at 2007-11-18 22:30
hahaさんへ
本当に「ほほほほん」は良い企画ですね。
私も子育ては反省多しです。孫に、、、
なんてでしゃばるのもよくないかしら。
<< 週末に! 日ごろの成果を!-第32回内灘... >>