アカシア姫のチョボラ日記


one for all, all for oneの気持ちでちょっとしたボランティアをしています。そんな日々を綴るブログです。
by akashiahime
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
くてくてさんへ ようや..
by akashiahime at 22:32
花坂爺さんへ 梅雨入り..
by akashiahime at 22:29
梅雨入りですね。 遅か..
by くてくて at 21:38
遅い梅雨入りですね。 ..
by 花咲か爺 at 08:10
花咲か爺さんへ 甘酒、..
by akashiahime at 21:29
老舗の本格的な麹ですね。..
by 花咲か爺 at 09:24
くてくてさんへ 歩いて..
by akashiahime at 21:58
珍しいですねぇ。初めてみ..
by くてくて at 23:30
花咲か爺さんへ 新緑が..
by akashiahime at 22:38
お世話になりました! ..
by 花咲か爺 at 16:51
最新のトラックバック
春は足踏み
from くてくてのフォト日和
座喜味城跡
from 沖縄観光データバンク
ヤマボウシの実
from 今日の花
江戸城の面影
from くてくてのフォト日和
屋形船(東京、横浜、花火..
from 屋形船(東京、横浜、花火、隅..
魅惑の彼岸花
from くてくてのフォト日和
すだちれもんとすだち君
from すだち すだちとわたしのイイ関係
行きたかったパティシエの..
from HORIKENの今日のたわごと
『角偉三郎美術館』 - ..
from 輪島塗の風景
犬の洋服屋さん★最新ペッ..
from 犬の洋服屋さん★最新ペットフ..
お気に入りブログ
インフォメーション
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

合歓の花

「もうそろそろかしら」と待っていました
合歓の花が少しだけ咲き始めました。
f0062159_6541588.jpg

f0062159_656105.jpg
これから次々と花をつけてくれることでしょう!

それにしても、合歓の木は少なくなりました。

f0062159_658119.jpg
今朝は青空!

[PR]

by akashiahime | 2008-06-28 07:03 | 日記 | Comments(6)
Commented by tokimekiroman at 2008-06-28 20:40
合歓の花、いよいよ登場ですね!
いつもアカシア姫さんのブログで、楽しみにしているんですから。
Commented by 白犬さん at 2008-06-28 21:30 x
いい写真を有難うございます。
合歓の花の季節になると誰の句だったかは知らないけれど
   合歓大樹 花ほうほうと 紅きかな 
と言う句を思い出して毎年のように口ずさみます。花ほうほうと、、、合歓の花を表すのにこの「ほうほうと」を思いついた作者の感性の鋭さにただただ感嘆するからです。
Commented by akashiahime at 2008-06-29 06:49
ときめきさんへ
ありがとうございます。
毎日、合歓の木を眺めながら散歩をしていました。
まだ、木の上のほうにしか咲いていません。
これからがとっても楽しみです!
Commented by akashiahime at 2008-06-29 06:54
白犬さんへ
おはようございます。お久しぶりです!
とても素敵な句を教えていただきありがとうございます。
「花ほうほう、、、」という表現いいですね。
合歓の花を見ながらこの愛らしさと言うかふわふわした感じと色合いはどのように表せばいいのかなあと思っていましたが
「花ほうほう、、、」はいいですね!
「合歓大樹」はなかなか見当たらなくなりました(涙)
Commented by ボラ待ち櫓 at 2008-06-29 09:52 x
この「ほうほうと」って一体何でしょうかね。「ふわふわと」と言った意味なんでしょうかね。「ちょうちょ」を「てふてふ」と言ったように、、、。現実の合歓の花を見ている限り、「ふわふわと」と言っているように思えますけどね。本当のところどうなんでしょうかアカシア姫さん教えてください。
Commented by akashiahime at 2008-06-29 18:24
ボラ待ち櫓さんへ
こんばんは、「ほうほう」は何でしょう?私も教えてほしいのですが、
合歓の花の魅力をよく表していますよね。
「ふわふわ」していますし、色合いもグラデーションで白、ピンク、紅色で、頬紅のブラシのようにも見え、中国の扇子のようにも見え、
簪のようにも、花火のようにもみえます。
「ほうほう」の表現はとても素敵ですネ!
<< どんどこ祭 子ども達を思って >>