アカシア姫のチョボラ日記


one for all, all for oneの気持ちでちょっとしたボランティアをしています。そんな日々を綴るブログです。
by akashiahime
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
くてくてさんへ 珠洲市..
by akashiahime at 07:59
ちょっと覗いているような..
by くてくて at 19:55
花咲か爺さんへ 福井県..
by akashiahime at 19:25
美味しそうな昼食ですね!..
by 花咲か爺 at 05:40
鍵コメさんへ 旅は本当..
by akashiahime at 09:29
花咲か爺さんへ 10月..
by akashiahime at 14:07
ハッピバースデー風旅さん..
by 花咲か爺 at 05:03
くてくてさんへ くじら..
by akashiahime at 19:54
くじら餅、初めて知りまし..
by くてくて at 12:25
くてくてさんへ 毎日う..
by akashiahime at 21:11
最新のトラックバック
春は足踏み
from くてくてのフォト日和
座喜味城跡
from 沖縄観光データバンク
ヤマボウシの実
from 今日の花
江戸城の面影
from くてくてのフォト日和
屋形船(東京、横浜、花火..
from 屋形船(東京、横浜、花火、隅..
魅惑の彼岸花
from くてくてのフォト日和
すだちれもんとすだち君
from すだち すだちとわたしのイイ関係
行きたかったパティシエの..
from HORIKENの今日のたわごと
『角偉三郎美術館』 - ..
from 輪島塗の風景
犬の洋服屋さん★最新ペッ..
from 犬の洋服屋さん★最新ペットフ..
お気に入りブログ
インフォメーション
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:風と砂の館( 132 )


久しぶりに風と砂の館へ

風と砂の館の粟崎遊園の展示室に
新たな展示品がいくつかあるというので
本当に久しぶりに出かけました。
f0062159_2059069.jpg

f0062159_210112.jpg
先日新聞に掲載されていた
粟崎遊園大浴場天井のステンドグラスのコピー
本当はもっと大きかったそうです。
当時、粟崎遊園大浴場の天井にはこの天女のステンドグラスが
男湯女湯それぞれにあったそうです。
f0062159_2155951.jpg
粟崎遊園関連のマッチのラベル
こちらもつい先日寄贈されたばかりです。
粟崎遊園関連の品々が見つかったり寄贈されて
ドンドン展示品が充実するといいですね。

[PR]

by akashiahime | 2016-01-28 21:09 | 風と砂の館 | Comments(0)

風塾・砂塾11回―内灘闘争の記憶

今日は
「内灘闘争の記憶」という演題の講演会に行きました。
内灘町歴史民俗資料館の風塾・砂塾11回目でした。
講師は金沢星稜大学教授・本康宏史氏
f0062159_19191571.jpg
f0062159_1920340.jpg
講演内容は
1950年に起こった朝鮮戦争について
そして
内灘闘争はどんな運動だったか
①なぜ試射場が必要だったか
②なぜ内灘だったのか
③全国に波及した理由
④村民の分裂
⑤短期間に運動が終結した背景
⑥闘争の意義
とわかりやすく話してくださいました。
講演の前に、学芸員の人が内灘闘争に関する詩を
朗読してくださり、
趣向を凝らした風塾・砂塾でした。

風と砂の館の業務を3月に終えて以来
殆ど風と砂の館に伺う事もなくなりましたが、
久しぶりに訪れて、なつかしいことでした。
f0062159_19381294.jpg
夕方の空、雲が多い。

[PR]

by akashiahime | 2015-08-22 19:36 | 風と砂の館 | Comments(0)

ピースサイクルの皆さんが風と砂の館へ

昨日、友人から「明日はピースサイクルの人たちが
風と砂の館に来るよ!」というメールが届く。
そこで久しぶりに風と砂の館に出かけました。
f0062159_2328147.jpg
f0062159_2329638.jpg
ピースサイクルの皆さんは自転車で全国を廻り、原子力発電はさようならを
訴えつづけています。そして、毎年風と砂の館を訪ねてくださいます。
今年は格別暑いので
皆さん熱中症に気を付けながら、走り続けていらっしゃるようでした。
もう私は、風と砂の館は辞めましたが声をかけていただきうれしいことでした。
久しぶりに訪れた風と砂の館では
企画展「内灘闘争の始まりとその終焉」を
開催していました!
f0062159_2338146.jpg

8月23日までです。

[PR]

by akashiahime | 2015-07-26 23:38 | 風と砂の館 | Comments(0)

風と砂の館資料から探る、粟ヶ崎遊園90年の冊子

1925年(大正14)に粟ヶ崎遊園が開園して今年は90年です。
風と砂の館に収蔵している粟ヶ崎遊園大劇場で演じられていた演目のプログラムを
読み取り、冊子にまとめました。
f0062159_21271644.jpg

昭和16年に閉園した粟ヶ崎遊園、わずかに16年間という短い開園期間でしたが
大衆座のお芝居や少女歌劇団のレヴュウの演目を読んでいると
当時の世相、人々の楽しみ、演じていた人たちの思いまで
伝わってくるようで興味深い作業でした。
風と砂の館展示ショーケースに展示されているだけで
何が書いてあるのか知りたいと思って始めた作業でした。
1冊の冊子にまとめることが出来、ちょっとだけうれしい気持ちです。
明日で内灘砂丘ボランティアは全員、
風と砂の館を去りますが、楽しい6年間でした。
この冊子は、石川県博物館協議会職員研究奨励事業です。

[PR]

by akashiahime | 2015-03-30 21:33 | 風と砂の館 | Comments(2)

風と砂の館の3月21日

風と砂の館は1995年の3月21日にリニューアルオープンしたのでした。
その時に粟ヶ崎遊園の展示室、内灘闘争の展示室、そして世界の凧、内灘の人々のくらし、自然など
展示を現在のようにしたそうです。20年前です。

90年前に内灘にできた粟ヶ崎遊園
千人以上収容できる余興場ではお芝居とレヴュウが毎日演じられていました。
3月29日(日)まで当時のお芝居やレヴュウのプログラムを展示しています。

f0062159_21481355.jpg

f0062159_2149737.jpg
f0062159_2150859.jpg
当時のプログラム歳月を経て色褪せてきましたが、初めて展示ケースから出して
拡大し、見やすくして展示しました。
公演の演目やちょっとしたお知らせなど
旧仮名遣いで興味深いです。
当時粟ヶ崎遊園に行ったという人が懐かしそうにプログラムを
見に来られます。
風と砂の館の小さなささやかな手づくり企画展です。
以前、内灘砂丘フェスティバルで粟ヶ崎遊園祭を開催したとき
一緒に内灘砂丘ボランティアとして
裏方のボランティアをした方が来館され懐かしくプログラムを見ていかれました。

f0062159_21541471.jpg
そしてスタッフ全員に真っ赤なとうがらしをいただきました。

風と砂の館の受付業務を6年間行ってきましたが
3月いっぱいで内灘砂丘ボランティアは風と砂の館を
去ることになりました。

[PR]

by akashiahime | 2015-03-21 22:08 | 風と砂の館 | Comments(0)

プログラムで見る粟ヶ崎遊園ー風と砂の館

90年前、北陸の材木王と言われた平澤嘉太郎が「粟ヶ崎遊園」を内灘に建てました。
お芝居やレビュウを演ずる大劇場や、温泉、コドモノクニ、食堂、旅館など
華やかで楽しい大遊園地でした。
北陸の宝塚と謳われ人気でした。
その粟ヶ崎遊園の舞台で演じられていた出し物のプログラムを
風と砂の館で展示します。
3月16日(月)~29日(日)までです。
大衆座のお芝居と少女歌劇団のレビュウなどのプログラムの数々です。
昨日展示準備をしました。
旧仮名遣いで、だいぶ赤茶けたプログラムですが、
出し物、ちょっとした広告、お知らせなどから昭和モダンの時代から戦争が始まるまで
人々の様子や世相を知ることが出来る貴重な資料です。
ご来館ください。毎日午前10時~午後5時まで、大人200円(高校生以下は無料)
f0062159_21522535.jpg
f0062159_21531527.jpg

[PR]

by akashiahime | 2015-03-13 21:53 | 風と砂の館 | Comments(0)

風と砂の館―学びの場

3月6日(金)
向粟崎小学校4年生全員がバスに乗って
風と砂の館へやってきました。
f0062159_2058128.jpg

f0062159_20591480.jpg

f0062159_210423.jpg

f0062159_212659.jpg
粟ヶ崎遊園、内灘闘争、河北潟、凧、
内灘の昔の人たちのくらしなどゆっくり時間をかけて
勉強していきました。
予習が良くできていたのか
説明をしっかり理解して
真剣なまなざしで聴いてくれました。
児童54名に先生で56名でした。
内灘砂丘ボランティア総出でご案内しました。
風と砂の館午前中いっぱい小さな小学生の学びの場でした。

f0062159_219975.jpg
「さようなら!」また来てねと手を振って全員でお見送り。
楽しい時間でした♪

[PR]

by akashiahime | 2015-03-09 21:10 | 風と砂の館 | Comments(0)

風と砂の館に若い人たちが!

3月5日、風と砂の館当番でした。
春休みに入ったのか若い人たちが次々と来館した。
熱心に、粟ヶ崎遊園、内灘闘争、そして内灘の人々の暮らしの歴史を見学し、
たくさん質問してくれました。
内灘町の歴史を知らない町外の人たちが、
「一度来てみたかった!」
「大学の部活動で来ました!」
「内灘について知りたかった。地元産の美味しい野菜などはありますか?」
などそれぞれの思いできてくれたのでした。
もう少しで、風と砂の館から去らなければなりませんが、あと何人の人に御案内出来るかなあ?
丁寧に最後まで!
f0062159_22571648.jpg
3月16日からの企画展のチラシです。
粟ヶ崎遊園ぷろぐらむ展です。
お出かけください!

[PR]

by akashiahime | 2015-03-05 22:40 | 風と砂の館 | Comments(0)

もう一度風塾・砂塾のおしらせ

明日です。
第10回風塾・砂塾「戦後文学と内灘」の開催です。
風と砂の館で午後2時から。

内灘は、文学作品に多く取り上げられています。
内灘町では2001年に「内灘砂丘と文学」を発行しました。
内灘にゆかりある作家の作品を紹介している冊子です。
明日の風塾・砂塾でお話をして下さる講師・水洞幸夫さんも
この冊子に執筆していらっしゃいます。

どんなお話を伺えるか楽しみです。
どうぞ、皆さんもお出かけください。
今年度最後の風塾・砂塾です。
f0062159_17215119.jpg
粟ヶ崎遊園の門―風と砂の館に隣接する公園に移築されています。
ここをくぐると、粟ヶ崎遊園の世界に想像だけどタイムスリップ
写真がかたがっています。もう私達砂丘ボランティアもだいぶ・・・

f0062159_1936357.jpg
夕方、おとなりさんから戴いた越前水仙!

[PR]

by akashiahime | 2015-02-27 17:24 | 風と砂の館 | Comments(2)

第10回風塾・砂塾「戦後文学と内灘」

内灘町歴史民俗資料館で開催している
風塾・砂塾「内灘を知る」シリーズの10回目を
開催します。
平成27年2月28日(土)午後2時から
今回のテーマは「戦後文学と内灘」と題して
金沢学院大学文学部教授 水洞幸夫氏がお話してくださいます。
内灘は多くの文学に取り上げられていますが、水洞先生は
どんなお話をして下さるのでしょう。
とても楽しみです。
是非皆さんもお気軽にご参加ください。無料です。
なお、当日は内灘が描かれている文学作品の展示を行います。
1日限りの展示になります。
f0062159_2014431.jpg
ところで、
つい先日発行された村松友視さんの「金沢の不思議」
この本にも内灘について書かれています。
番外編 内灘―砂のキャンパスに描かれた蜃気楼のけしき
興味深く拝読しました。
f0062159_20225792.jpg

f0062159_2024597.jpg
昨日2月16日の粟ヶ崎遊園門
珍しく青空が広がりました♪

[PR]

by akashiahime | 2015-02-17 20:26 | 風と砂の館 | Comments(0)