アカシア姫のチョボラ日記


one for all, all for oneの気持ちでちょっとしたボランティアをしています。そんな日々を綴るブログです。
by akashiahime
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
くてくてさんへ 白鳥は..
by akashiahime at 22:27
くてくてさんへ 「見沼..
by akashiahime at 22:25
白鳥が飛来ですか。 河..
by くてくて at 20:48
お返事遅くなりました。 ..
by くてくて at 20:47
くてくてさんへ くてく..
by akashiahime at 22:15
富山県立美術館、大きいで..
by くてくて at 15:44
花咲か爺さんへ 今回の..
by akashiahime at 11:20
岩瀬は神通川河口ですね。..
by 花咲か爺 at 09:22
くてくてさんへ 粟崎遊..
by akashiahime at 09:07
プロジェクションマッピン..
by くてくて at 22:26
最新のトラックバック
春は足踏み
from くてくてのフォト日和
座喜味城跡
from 沖縄観光データバンク
ヤマボウシの実
from 今日の花
江戸城の面影
from くてくてのフォト日和
屋形船(東京、横浜、花火..
from 屋形船(東京、横浜、花火、隅..
魅惑の彼岸花
from くてくてのフォト日和
すだちれもんとすだち君
from すだち すだちとわたしのイイ関係
行きたかったパティシエの..
from HORIKENの今日のたわごと
『角偉三郎美術館』 - ..
from 輪島塗の風景
犬の洋服屋さん★最新ペッ..
from 犬の洋服屋さん★最新ペットフ..
お気に入りブログ
インフォメーション
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


内灘の朝夕

朝の散歩道
f0062159_18394457.jpg

f0062159_184219.jpg

夕べの海
f0062159_18431963.jpg

f0062159_18441033.jpg


おまけ

f0062159_18453595.jpg

[PR]

by akashiahime | 2006-09-30 18:45 | 日記 | Comments(8)

ごくろうさまでした!

今日は、
f0062159_18392079.jpg

バラを飾りました。

f0062159_18402026.jpg

「行ってらっしゃ~い!」

明日から「自由人!」


おまけ-いつものお花屋さん

f0062159_184528100.jpg

スプレーローズ60個数えてもらいました♪

[PR]

by akashiahime | 2006-09-29 18:46 | 日記 | Comments(18)

花の会たより第18号

花の会たより第18号出来ました。
3月と9月の年2回発行です。
ギリギリセーフでした。明日発送します!
楽しみに!
f0062159_20561225.jpg

f0062159_20571521.jpg


おまけ

f0062159_21402317.jpg

今年の春植樹した桜ー夏の暑さを乗り越えて

[PR]

by akashiahime | 2006-09-28 21:02 | 環境 | Comments(2)

権現森に、、、

権現森に行ってみました
f0062159_18341429.jpg

f0062159_1837626.jpg


おまけ-森と言っても整備されています

f0062159_22505536.jpg

[PR]

by akashiahime | 2006-09-27 18:37 | 環境 | Comments(10)

大聖寺 長流亭

たった一日の大聖寺、
落ち着いた風情のある町でした!
ここも粋で風情あふれる!
大聖寺藩主の休憩所・江沼神社長流亭です。
f0062159_19412560.jpg

小堀遠州設計による。当初は「川端御亭」と呼ばれていた。
f0062159_19422780.jpg

大聖寺川に面した窓から歴代藩主が釣り糸を、、、

f0062159_19434042.jpg

今でも屋形船が、、、

f0062159_21223158.jpg

江沼神社



おまけ-my beachのように

f0062159_19461522.jpg

片野海岸

[PR]

by akashiahime | 2006-09-26 19:46 | Comments(8)

大聖寺 山の下寺院群

大聖寺を流れる熊坂川に沿って
山の下寺院群があります。
せっかく大聖寺に来たので
f0062159_23231255.jpg

萩の寺とも呼ばれている「実性院」は大聖寺藩の菩提寺
歴代藩主のお墓がたくさん!

f0062159_23303124.jpg

終夜(よもすがら) 秋風聞くや うらの山 曽良
庭掃いて 出でばや寺に 散る柳 芭蕉
「熊谷山全昌寺」

f0062159_23365273.jpg

f0062159_23381028.jpg

作家・深田久弥の墓には「読んだ、歩いた、書いた」と、、、
久弥が好きだったスタンダールは「生きた、愛した、書いた」だったとか
「本光寺」

三つのお寺をかけあしで、、、
まだまだたくさんのお寺が、、、

おまけ-坂網猟の坂網

f0062159_23475643.jpg

鴨を捕獲する時に使う網、坂網猟は県の民俗資料指定

[PR]

by akashiahime | 2006-09-25 23:43 | Comments(2)

レイチェル・カーソンの森と海

作家、高田宏さんの「レイチェル・カーソンの森と海」を聴きに
大聖寺にある深田久弥「山の文化館」に行きました。
f0062159_19561024.jpg

昔、絹織物工場だったそうです。

f0062159_19575579.jpg

樹齢650年の大銀杏が迎えてくれます

f0062159_2034268.jpg

気根が垂れ下がり「乳銀杏」とも言われているとのこと!

f0062159_2053135.jpg

レイチェル・カーソンの「沈黙の春」がなかったら、地球の環境劣化は
もっとすごかっただろうと語る高田宏さん

f0062159_2075261.jpg

気さくに楽しいお話をしてくださり、聞き入る内灘砂丘ボランティア


レイチェル・カーソンのいくつかの著書から、「人間を超えた存在を認識し、
貴重な子ども時代を過ごすことは永続的に意義深いものである」など
心深くとめておきたい講演でした。

内灘砂丘フェスティバル2006に向けての砂丘ボランティアの勉強会でした。
高田宏さんはフェスティバルで講演をしてくださいます。
山の文化館館長でもある高田さんは「月いちイベント」に時々こちらへ来られます。

おまけ-山の文化館の裏庭で採れたあけび

f0062159_20114352.jpg


深田久弥山の文化館HP
[PR]

by akashiahime | 2006-09-24 20:32 | 郷土 | Comments(10)

映画-六ヶ所村ラプソディー

昨日映画を見ました。
「六ヶ所村ラプソディー」です。
青森県六ヶ所村に核燃料再処理工場があります。
その六ヶ所村に住む人々のそれぞれの生活には
核燃料再処理工場がいやおうなく深く関わっています。
農家で米や野菜を作っている人、工場で働く人、
六ヶ所村で暮らす人々の生活を通して、未来はどうなるのだろう?
地球はどうなるのだろう?
いま、私には何ができるの?と考えさせられました。
これまで
自分自身の暮らしとは遠く離れていて、新聞、テレビなどニュースで
報道されても真剣に知ろうとしていなかったことが恥ずかしくなりました。

監督の鎌仲ひとみさんは「ラプソディー」と映画のタイトルにあるように、
登場するそれぞれの人たちを静かに取材し、確かな目で映画を
撮影されたと感じました。
自然豊かな村の風景に津軽三味線が「これでいいのか!」というように、、、

多くの人に見てもらいたいと強く思いました。
金沢のシネモンドで上映中です。先日、鎌仲監督も来沢しトークがあったそうです。

電話で「六ヶ所村ラプソディー」を勧めてくださった知人に感謝!
[PR]

by akashiahime | 2006-09-23 18:50 | 日記 | Comments(2)

お熊甲祭ー名残惜しんでもう一回!

お熊甲祭
もう一回だけ!
f0062159_20234079.jpg

f0062159_20244791.jpg

お祭り始まったばかりなのに、、、

f0062159_20253587.jpg

猿田彦も、、、

f0062159_20264371.jpg

わらじ脱ぎ捨て、、、

f0062159_20271628.jpg

もう歩けな~い

f0062159_2028198.jpg

のどかな周辺、、、遠くにポツンと祭り会館(長い枠旗が収まります)



おまけ-みんなブロガー?

f0062159_20282667.jpg


中島町の子ども達は幼いときから
国指定重要無形民俗文化財・お熊甲祭を身近に感じて
大きくなるのですネ!

お祭りはいつも心をわくわくさせてくれます。
[PR]

by akashiahime | 2006-09-22 20:44 | 日記 | Comments(8)

お熊甲祭ピーク!

久痲加夫都阿良加志比古(くまかぶとあらかしひこ)神社から
700メートルほど離れた加茂原へ渡御
猿田彦、枠旗、神輿が進みます!
各末社の神主さんたちも準備オーケーです。
f0062159_1313946.jpg

f0062159_13144024.jpg

くじ順に、さあ!元気よく!

f0062159_17371322.jpg

700メートルの道のりが長いのです!ゆっくりひと休みしながら

f0062159_13193477.jpg

枠旗を傾けて進む「島田くずし」地面すれすれに傾けば拍手喝采!

f0062159_13212634.jpg

「島田くずし」は昔、島田を結った娘達に枠旗の先端が触れて、

島田髷がくずれたとか、、、祭りはいつも色気を感じさせます!

f0062159_175695.jpg

加茂原に高さ20メートルの枠旗が並びます。

もちろん、神輿が中心です。(神輿の写真撮るの忘れました!)

枠旗の尖頭は青空を突き通すよう!


緑濃い森をバックに加茂原と稲刈りの終わった田んぼが広いステージとなり
鉦と太鼓の音も一段と大きく響きます。猿田彦、枠旗、神輿が次々と、、、
田んぼの土手に座り、連綿と続く「二十日祭り」を楽しみました♪

PS 土手で隣に座っていたおじさん曰く、「9月20日の開催は、なかなか人手が
   集まらないので困っている」と。いつの日にか、日曜日開催?
   人手は集まっても、人出がすごくて、、、なんてことになるかも。
   今年、お熊甲祭に出会えてよかった。

おまけー枠旗についているお猿さん!

f0062159_1861252.jpg

今年新調した小牧地区枠旗のニューフェイス!

[PR]

by akashiahime | 2006-09-21 13:21 | 日記 | Comments(4)