アカシア姫のチョボラ日記


one for all, all for oneの気持ちでちょっとしたボランティアをしています。そんな日々を綴るブログです。
by akashiahime
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
花咲か爺さんへ 函館、..
by akashiahime at 21:04
函館はいい街ですね。 ..
by 花咲か爺 at 16:46
花咲か爺さんへ グラス..
by akashiahime at 22:22
暑中お見舞い申し上げます..
by 花咲か爺 at 19:47
くてくてさんへ ネムの..
by akashiahime at 21:06
わーい、咲いた咲いた! ..
by くてくて at 21:34
くてくてさんへ くてく..
by akashiahime at 17:06
ちょっと引きこもっていた..
by くてくて at 16:07
花咲か爺さんへ 広島よ..
by akashiahime at 14:40
内灘のアカシアが満開です..
by 花咲か爺 at 07:23
最新のトラックバック
春は足踏み
from くてくてのフォト日和
座喜味城跡
from 沖縄観光データバンク
ヤマボウシの実
from 今日の花
江戸城の面影
from くてくてのフォト日和
屋形船(東京、横浜、花火..
from 屋形船(東京、横浜、花火、隅..
魅惑の彼岸花
from くてくてのフォト日和
すだちれもんとすだち君
from すだち すだちとわたしのイイ関係
行きたかったパティシエの..
from HORIKENの今日のたわごと
『角偉三郎美術館』 - ..
from 輪島塗の風景
犬の洋服屋さん★最新ペッ..
from 犬の洋服屋さん★最新ペットフ..
お気に入りブログ
インフォメーション
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

もう四月も半ば・・・

今日はもう4月16日(月)
毎日毎日がまた一段と早く過ぎていきます。
桜が散り、いよいよ街路樹のイチョウなどが
一斉に芽吹き始めています。
家々の庭先にもカラフルなお花が咲いています。
我が家はまだもたもたしています。
4月13日(金)に、
風旅写真のサークル仲間の撮影旅行に便乗して
加賀市大聖寺へ行きました。
桜ももう終わっていましたが大聖寺の街中を
ゆっくり散策しながら、皆さんは写真撮影。
私は、ぶらぶらついて歩いていただけ。
それでもこの日は天気も良く、13,000歩以上歩きました。
久しぶりにたくさん歩いてちょっといい感じ。
14日は母を訪ねる。15日は一日書の練習。夕方、デパート。
そして、今日。七尾へ書のお稽古に出かける。
またまた練習不足にしょぼんとし、
あっという間に一日が過ぎ、1週間が過ぎていきます。

f0062159_22451845.jpg

全昌寺―松尾芭蕉らの句碑がある。

f0062159_22470916.jpg

神明宮ー4月14日15日が桜まつりとの事
残念ながら桜は散ってしまっていた。

f0062159_22502862.jpg

木の枝が鳳凰に見える部分があるそうですが
わかりますか?

f0062159_22523255.jpg
f0062159_22533481.jpg

古い町並み

f0062159_22554162.jpg

「日本百名山」などで知られる作家・深田久弥生家

f0062159_22562768.jpg

山の文化館の深田久弥資料館から
玄関横の大きな乳銀杏の木を眺める。

f0062159_22571571.jpg

石川県立九谷焼美術館
古九谷帰郷牡丹の大皿に観る
筆の冴え開催中でした。5月6日まで。

f0062159_22580401.jpg

九谷焼がそこここに!

f0062159_22591301.jpg

この日の昼食は「ばん亭」で松花堂弁当
リーズナブルで美味でした!
予約もせずにお邪魔したので、
席がなくカウンターで戴きました。
だいぶ待ちましたが美味しかったので
皆満足!
「ばん亭」ではさか網漁の鴨料理が戴けるそうです。
食べてみたいですね

f0062159_22584018.jpg

マンホールに鴨が・・・
今回の撮影小旅行、参加人数も募らず
行先とコースのお知らせで、
大聖寺駅で会うという方法でした。
幹事の苦労が軽減され
なかなかいいなあと思いました。


[PR]

by akashiahime | 2018-04-16 23:07 | 日記 | Comments(2)
Commented by 花咲か爺 at 2018-04-17 09:27 x
山の文化館は2010年5月に訪れましたが、あれからもう8年も経ってしまいました。
明治の織物工場の事務所だった建物は、
私が卒業した江沼郡片山津小学校を思い出させる懐かしいものでした。
昔、有峰集落の人達が登拝して奉納したであろう薬師岳の宝剣を持ち帰り、
「日本百名山」の執筆中も文鎮にしているなどと、その文中で高言する深田久弥。
その深田久弥資料館も暗い土蔵の中にありました。
深田久弥は私にとって尊敬できない登山家であり文筆家ですが、
山の文化館はもう一度訪れてみたいところです。
Commented by akashiahime at 2018-04-17 17:09
花咲か爺さんへ
山の文化館へは以前作家の高田宏さんが館長をしていらした時にお話しを聴きに行ったことがありました。2階の広い畳の部屋から眺める大きな銀杏の木や川の流れが印象的でした。あの建物のガラス窓のガラスが昔のものだときき、
その透明感が今のガラスと違うなあと思ったものでした。
深田久弥は、「内灘闘争」というルポがあり、
作品にも内灘が登場する「火にも水にも」という作品が
あるそうです。読んでいませんが。
<< お目出たい! 大島桜が咲いています! >>